スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T医院:最期の姿。

20110224001.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

前回の記事のお別れの翌日、仕事の帰りにもう一度行ってみた。
上の写真は、毎回同じ場所から撮っているもの。

最初は建物だけだったのが、瓦が下され、足場にシートがかかった。
この日は建物本体が消えていた。

手前に外廊下の部分が残っている。

一応カメラを持って見に行った。



20110224002.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

前日までのあの素敵な空間は、本当にもう消えてしまっていて
何処に何があったのかも分からなくなっていた。

あのかわいらしかった受付の小窓はどこに埋まっているのだろうか。
そればかりが気になった。



20110224003.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

特徴のあるペンキの色が、少しだけ転がっていた。

あたしを見つけたバイク屋のお姐さんが、すぐに来てくれた。
「本当にギリギリじゃったなぁ。」

「はい。」

もうなんだか声にならなかった。



20110224004.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

趣味としても、仕事としても、こういう現場は慣れているので
あたしは一人、奥の方へ行った。
今まで撮らなかったけど、残っていたトイレの部分。
赤い壁がキレイだったんだ。

個人的にトイレが苦手なので撮らなかった。
場所と形くらいは確認するんだけど、なんとなく
なんとなく写真に撮るのはいけない気がしたりもする。



20110224005.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

ただ、子供の頃の記憶から、トイレは怖いところっていう認識が根強いだけかもしれないけれど。

写真奥の隙間に女子トイレ。
手前の右の方に男子トイレがあった。



20110224006.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

この蛇口はかわいいよね。
南部鉄のような、しっかりとしたつくりで、ちっとも痛んでない。



20110224007.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

炊事場はまだ手付かずだった。
左手の建物は、地図上ではこちらがメインの病院として記されている。
だけど、どう見ても民家。
どちらにしろ、もうここにも誰も住んではいない。

この住宅は、今回の解体の対象ではなかった。



20110224008.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

壁を這うツタは、ペンで描いたようにキレイに並ぶ。
すごい勢いだ。
葉が茂っているところも撮りたかったな。
多きな心残り。



20110224009.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

この炊事場の横には敷地に沿ってブロック塀があるんだけど、唯一
この煙突の跡らしきものが、そのブロック塀の向こう側にある。
もうずいぶん昔に塞がれたみたいだけど、ここだけ赤いレンガで
その積み方にも魅力を感じた。

白いのはペンキだろうか?しっくいだろうか?
何故白く塗ったのだろうか?
謎は解けないまま。

さようなら。
おつかれさま。



これで今回のT医院シリーズは完結となります。
長々とお付き合いありがとうございました。
色々な状況の為、良い写真はほとんど撮れませんでしたが
これも一つの小さな昭和の歴史として残せたことは嬉しく思っています。
今は、この場所は本当に何もなかったかのような更地になっています。
最期に立ち会えた事、ずっと記憶として大事にしておきたいと思います。







にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村




テーマ:廃墟系 - ジャンル:写真

コメント

>REZANOVさま

コメントありがとうございます。
お返事遅くなってしまってすみません。
廃墟がきっかけでカメラっていいですね♪
マヤカンも羨ましい~。
あたしの一番好きな廃墟ですが、まだ一度も行った事ないんですよね。
思いはつのるばかりです。
またおじゃまさせていただきますね。

はじめまして。

捨てられた建物が味のある廃墟になるまでは時間がかかりますが、
廃墟そのものがある時間は短いものですね。

自分は廃墟がきっかけでカメラを買いました。
まだ廃墟はマヤカンしかいってませんが、
他の廃墟も見て回りたいです。

>komatsu さん

いえいえ。
見て下さってありがとうございました。
掘り返せばきっと何処かにあの青いタイルはあるだろうけれど
かなりケガしますね。割れた木に刺さりながら。。。
大丈夫です。
記憶にも写真にも絵にもずっと残ってますから。

「かわいらしかった受付の小窓はどこに埋まっているのだろうか」
って言葉。その画像がより強烈に印象づけられました。
お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

>tama さん

本当に早いです。
必死で通い詰めましたw
写真はやっぱりやめられないですね~。
特にいまはデジタルで沢山撮れるので。
たまには古いカメラも出してフィルムでも撮りたいですね~。
そろそろ春だし、今年も桜かな~。

よほど通わないと

壊し始めたらあっという間に更地になっちゃいますよね。
建物は無くても、ここにくれば在りし日の姿が・・・・
だから写真は止められない。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://scrapyu.blog33.fc2.com/tb.php/191-47c49e5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Welcome

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

Yu@Scrap

Author:Yu@Scrap
子供の頃から好きだった廃墟・廃屋・工場・鉄・コンクリート・ガラス・古いものを、消えてしまう前に写真に残したいと思いました。
廃墟(好きな)建築士ですw
建物を見るのが好き。特に古い建物・デザインのキレイなもの。
誰もが当たり前のように通り過ぎる路地にも、ステキな発見がある!はず。

*使用カメラ:SONY Cyber-shotU10(130万画素)しょぼっ(汗)
確か2003年末くらいに買ったはず。
いっそのこと、このカメラでどこまで楽しめるかに挑戦してみましょう。

*他に PENTAX MZ-5+smc PENTAX-FAJ 1:4-5.6 18-35mm(一眼レフ:フィルム)愛用してますが、スキャンが面倒なので、ここではほとんど登場しないと思います。
頑張って広角買ったんだけど、18mmの広角はデジタルだとたいして広角にならないんですよね~。
がっくし。。。

*2009年1月、ついにデジタル一眼を手に入れました。勢いで。。。PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mmです。軽いです。これの登場がこれからは増えるかな?
10mmの超広角レンズ狙ってます。高い。。。

*OLYMPUS-PEN EE-2をジャンクで購入。自力で修理してなんとなく使えるようになりました。ハーフでフィルムです。
たぶんあたしと同い年くらい。
かわいいやつ。
ここでも登場させたいですね。そのうち。

*学研 大人の科学の付録の二眼レフカメラ。フィルムなんですけどね、まさにトイカメラ!!っていうステキな写りです。楽しいです!かわいいです!!
フィルムじゃなきゃ出番も多いんですけれども。。。



リンクバナー作りました。良かったら使ってやって下さい。基本リンクフリーですが、一言いただけると幸いです。

無料写真素材やってます。どうぞよろしく♪

↓姉妹ブログ
灰吐赤眼名義でやってます。



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村

拍手する

月別アーカイブ

最近のトラックバック

廃バナーリンク

影の塔

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。