スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り残された場所。

切り離された里


私の実家のある町は、昔は山ばかりの土地だった。
険しい山の谷川を挟み、わずかな土地に人は住んでいた。
私が生まれる前の事、近くにダムの建設がされる事になった。そしてこの小さな町はダム湖の底に沈む運命となった。
多くの人は引越し、町外へ出て行った。
湖ギリギリに残されたこの場所は、完璧に切り離され、そこへ行くには船に乗るしかなくなった。
ダム湖が水でいっぱいになる春。
数十メートル先のこの場所に、今は行く術もない。
残された家は朽ち、見る度に崩れ落ちていく。
キレイに咲き誇る花が、更に哀愁を誘う。

私が子供の頃は、まだここには人が住んでいた。
今はどこへ行ってしまったのか。

このダム湖、今でも水を抜く季節には、底から昔の町並みが浮かび上がる。
小さな石橋や住宅の基礎など。
私たちの祖父母の世代の思い出が、そこにはまだ残っている。

16.jpg


もう一枚は秋の写真。今度はイチョウの黄葉がまぶしい。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

コメント

>桃ままさん
ここは県北から県南への通り道の定番ですね。
メインになるような観光地もなく、お店もなく、寂しいところです。
それでも生まれ育った人には、いつまでも思い出の土地。
あの橋を歩いていた人は、あれを見る度に何を思い出すだろう?と思うと切ないですね。

実家にいた頃、県南にいくときはいつもそのあたりを通っていました。
ダム底がのぞいた光景、わたしも何度も目にしたことがあります。
かつては、そこで生活が営まれていたんだわ、と思うと、いつもなんともいえない気持ちになりますね。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://scrapyu.blog33.fc2.com/tb.php/15-22348de0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Welcome

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

Yu@Scrap

Author:Yu@Scrap
子供の頃から好きだった廃墟・廃屋・工場・鉄・コンクリート・ガラス・古いものを、消えてしまう前に写真に残したいと思いました。
廃墟(好きな)建築士ですw
建物を見るのが好き。特に古い建物・デザインのキレイなもの。
誰もが当たり前のように通り過ぎる路地にも、ステキな発見がある!はず。

*使用カメラ:SONY Cyber-shotU10(130万画素)しょぼっ(汗)
確か2003年末くらいに買ったはず。
いっそのこと、このカメラでどこまで楽しめるかに挑戦してみましょう。

*他に PENTAX MZ-5+smc PENTAX-FAJ 1:4-5.6 18-35mm(一眼レフ:フィルム)愛用してますが、スキャンが面倒なので、ここではほとんど登場しないと思います。
頑張って広角買ったんだけど、18mmの広角はデジタルだとたいして広角にならないんですよね~。
がっくし。。。

*2009年1月、ついにデジタル一眼を手に入れました。勢いで。。。PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mmです。軽いです。これの登場がこれからは増えるかな?
10mmの超広角レンズ狙ってます。高い。。。

*OLYMPUS-PEN EE-2をジャンクで購入。自力で修理してなんとなく使えるようになりました。ハーフでフィルムです。
たぶんあたしと同い年くらい。
かわいいやつ。
ここでも登場させたいですね。そのうち。

*学研 大人の科学の付録の二眼レフカメラ。フィルムなんですけどね、まさにトイカメラ!!っていうステキな写りです。楽しいです!かわいいです!!
フィルムじゃなきゃ出番も多いんですけれども。。。



リンクバナー作りました。良かったら使ってやって下さい。基本リンクフリーですが、一言いただけると幸いです。

無料写真素材やってます。どうぞよろしく♪

↓姉妹ブログ
灰吐赤眼名義でやってます。



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村

拍手する

月別アーカイブ

最近のトラックバック

廃バナーリンク

影の塔

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。