スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃあ、またね。<水力発電所>

200910261.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

長くかかってしまいましたが、そろそろお終いになります。
水力発電所、前回の反対側からの内部。
こっちは窓から覗いてるだけなので、あまり面白いアングルはないですけどね。
なんかも~コンクリートの色と何だか分からないけれどオイルのような色と、コケとシダと、あとは前日降った雨のしたたる様子と音と。。。

はぅっ。
ためいき。

200910262.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

少し視点をずらして上を見上げると、何だかまた良く分からない溝のような感じ。
どんな機械があって、どんな機能をしていたんだろう?
全く分からない。
ここの窓も、最上部を除いてトタンで覆われているので、あまり直射日光は入らない。
コケやシダにはいい環境なのかな。

200910263.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

下を見ると、沢山の板が立てかけてある。
向こうの倉庫になってる所よりは、床が濡れないらしい。
この部分は2階があるから、壊れた屋根からの直接の雨水は流れてこない様子。

200910264.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

さて、そろそろお別れ。
この建物へ行くには、この橋を渡ります。
川の向こうにひっそりと佇んでいる水力発電所。
ほとんど地元の人にも忘れられてる存在なのかもしれません。

しかし、水力発電所という割には、この川の水量。
上流にダムがありますが、それにしても大した量の発電は出来なかったでしょうね。
歴史としては、なかなか可愛そうな運命を生きてきた建物のようです。

200910265.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

最後は川の向こうから見た外観。
かなり竹やぶで隠れてしまって、知らなかったらそのまま通り過ぎてしまいますね。
右側、2階の屋根が落ちてしまっている部分。
実際はどんな屋根がのってたのか気になる所ではありますが、今回はこの辺で。

またじっくり行ってみたいと思います。
あと、どなたの所有物なのか分かるといいんですけどね。。。
そっちも歴史と合わせて調べてみたいと思います。




スポンサーサイト

テーマ:廃墟系 - ジャンル:写真

内部へ。。。<水力発電所>

2009102001.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

ずいぶんご無沙汰しておりました。
水力発電所、再びであります。

内部ですね。数枚は公開しましたが、もうちょっとだけ載せたいと思います。

これも撮った写真自体はすごーく暗いんです。三脚なしなもんで。。。
明るさをいじったら、なんか神々しくもあるような感じになりました。
下のごちゃごちゃはともかくとして、壁の白さと長い階段と。。。
その先に待っている明るいあの扉を抜けたら何が待っているのだろう。。。なんて。

本当はまぁ崩れた2階があるんですけどね。危ないので近付きませんでした。

2009102002.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

次は天井。
これは建築的な目で見てしまっているかもしれません。
木造の構造があまりにも綺麗で。
これを見て思ったのですが、多くの戦争遺産の廃墟の壁だけってやつは、こういうことか!と。
壁はしっかりコンクリートだけど、屋根だけは木造。だから崩れてしまい、今は壁しか残っていないと。
それでもその存在感は大きく、惹きつけられます。
ここもそのうち屋根が落ちて壁だけになるのかな。

2009102003.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

山側の壁はたぶん何年も日光に直接触れていないんだと思います。
天井から伝わってきた水が壁を潤し、そこへきれいな薄緑色のコケが。
緑十字ともいい感じです。

2009102004.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

振り返るとそこには黒く染まった壁。
こっちはカビかな。

とか言って、カビやコケを美しいって愛でてる自分に笑っちゃったりしますが。
変態じゃんw

屋根がそろそろまずいかも。
というか、屋根がこれだから床もドロドロなんですね。
てか床は何もなしで地面だったのかな?まぁ発電所なら地面でいいのかな。
勉強不足ですいません。





テーマ:廃墟系 - ジャンル:写真

銃砲センター再訪。

2009101605.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

以前、たまたま見つけた廃墟。
 こちら
携帯しか持ってなくて、まともに写真撮れなかったばしょ。
なかなか行けなくて、やっと再訪。
もう朝晩は寒くなったし、そろそろ紅葉の季節。
夏草も大人しく枯れ始める頃。。。と思ったのが間違いでした。

車を停めて、今度はちゃんと靴を履き、いざ!!
と、山道を登っていくとすごい草。道はもう土が見えないほど草だらけ。
ススキが穂を出しているのに。
カズラやカヤ、オオバコによく分からない花とか。漆もあるし。
やっば~い。
これ蛇いたらどうなる?
って、まぁそこは山育ち。しゅるしゅると草を抜けて到着~♪

2009101602.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

えーーーーーっと。。。。。こんな草まみれだったっけか?
半年前だもんな~。
これまだ崩れてないのか???

2009101601.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

これって有り???
知らなきゃただのカズラの山だよな~。

そーっと、でも思い切ってドアへ近づく。
蜂の羽音がうるさい。蚊もうるさいな。蜘蛛は見なかった事にしよう。うん。

2009101603.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

ひゃぁ~~~~~~。美しい~~~~~~~。
(と思う人は病気ですw)
ていうか、前回と全く同じだ。椅子の位置も、植物のツルの位置も全く。
すごい。

今回は勇気を出して1歩中へ入ってみる。
もうなんとも言えない動悸がする。
蛇こわい。虫こわい。床が抜けそうで怖い。天井落ちそうで怖い。拳銃とか不発弾とかありそうで怖い。怖いおじさんが来て叱られそうで怖い。
だけど綺麗すぎる。魅入ってしまう。

前回と違ったのは、植物の緑色がプラスされていた事。
まさか、建物の中で床から天井に向かって緑が立っているとはっ!!

そう遠くない未来、ここは屋根が落ちて終わりを告げるのでしょう。
それまでの少ない時間、椅子達はみんなでひなたぼっこしながら窓の外を眺めています。
きっともう誰も来ないよね。
持ち主も忘れちゃってるんじゃないかな?
あたしはまた来るよ。
みんなとお別れするその日まで。

2009101604.jpg
*PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mm*

またね。



テーマ:廃墟系 - ジャンル:写真

記憶は儚くも。。。

2009101504.jpg

ponichiさんとmilkさんの記事に触発されて、初出し物件です。
というのは、まぁ正直に言えば 廃墟行きたい!! ってだけなんですけどね。

あたしには思い出の沢山つまった場所です。
子供の頃に何度も行った場所。
時計は3時5分で止まったまま。
ちょうどおやつの時間かな。

2009101502.jpg

営業を停止したのはたぶん10年ほど前なのかな。。。
はっきりした事は分からない。
だけど元々山奥だったその場所が、元の山へ戻るのに、そんなに時間は必要ないらしい。

緑色のブラインドの側には、自然の緑のカーテン。

2009101503.jpg

割られてしまったガラスは、どこか、飛べない鳥の羽のようで
痛々しくもあり、儚い美しさにあふれていた。

2009101505.jpg

プールはそのまま残っているけれど、水は深い緑色に染まる。
1枚だけ置かれた真っ青なビート板は、とても寂しく寒そうに見えた。

昔、友達とここで泳いだのは幻だっただろうか?
あの頃、親に撮ってもらった写真は今もどこかに残っているだろうか?





全文を表示 »

テーマ:廃墟系 - ジャンル:写真

遠くへ。

20091008.jpg

何の事はない。
いつも信号待ちをする車の窓から見上げた雑居ビル。
しかも天気は雨。
レベル補正するだけで、何処か知らない所へ来たみたいな。
もう誰もいなくなった未来の世界を覗いたような、捨てられた軍艦のようにも見えた。

写真ってやっぱり面白いね。

前回の廃船に続き、今回も雨。




テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

«  | HOME |  »

Welcome

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

Yu@Scrap

Author:Yu@Scrap
子供の頃から好きだった廃墟・廃屋・工場・鉄・コンクリート・ガラス・古いものを、消えてしまう前に写真に残したいと思いました。
廃墟(好きな)建築士ですw
建物を見るのが好き。特に古い建物・デザインのキレイなもの。
誰もが当たり前のように通り過ぎる路地にも、ステキな発見がある!はず。

*使用カメラ:SONY Cyber-shotU10(130万画素)しょぼっ(汗)
確か2003年末くらいに買ったはず。
いっそのこと、このカメラでどこまで楽しめるかに挑戦してみましょう。

*他に PENTAX MZ-5+smc PENTAX-FAJ 1:4-5.6 18-35mm(一眼レフ:フィルム)愛用してますが、スキャンが面倒なので、ここではほとんど登場しないと思います。
頑張って広角買ったんだけど、18mmの広角はデジタルだとたいして広角にならないんですよね~。
がっくし。。。

*2009年1月、ついにデジタル一眼を手に入れました。勢いで。。。PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mmです。軽いです。これの登場がこれからは増えるかな?
10mmの超広角レンズ狙ってます。高い。。。

*OLYMPUS-PEN EE-2をジャンクで購入。自力で修理してなんとなく使えるようになりました。ハーフでフィルムです。
たぶんあたしと同い年くらい。
かわいいやつ。
ここでも登場させたいですね。そのうち。

*学研 大人の科学の付録の二眼レフカメラ。フィルムなんですけどね、まさにトイカメラ!!っていうステキな写りです。楽しいです!かわいいです!!
フィルムじゃなきゃ出番も多いんですけれども。。。



リンクバナー作りました。良かったら使ってやって下さい。基本リンクフリーですが、一言いただけると幸いです。

無料写真素材やってます。どうぞよろしく♪

↓姉妹ブログ
灰吐赤眼名義でやってます。



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村

拍手する

月別アーカイブ

最近のトラックバック

廃バナーリンク

影の塔

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。