スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工具箱。




私の父の工具箱。
実家に帰った時に見つけてパシャリ。
やっぱり、こういう金属とサビと凹みとか好きなんだな。私は。
ショボいデジカメでも、近付いて撮れば多少マクロっぽく頑張ってる。
手前はピントが合って、徐々にぼけていく感じ。
なかなかいい感じに撮れたかも。

父は、これを何年使っているのだろう。
いつまで使い続けるのだろう。
スポンサーサイト

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

昔通っていた病院。

廃病院パノラマ


今年のこと。実家に帰る途中に気になって車を停めた。
見上げたそこには、屋根の瓦が全て下ろされ、建具が全て取り払われた病院があった。
ちょっとショックで、デジカメ片手に車を降りる。
近付くと更に現実が目に飛び込んでくる。

これは、もうどうにもならない事実で、この建物は数日中にも取り壊されるのだ。

この小さな病院は、私が子供の頃にずーっと通っていた場所だった。
視力がどんどん低下していく私を、母は根気強くこの病院へ通わせた。
そしてここの先生もまた、根気強く治療してくださった。
最悪な時期、0.3と0.6だった視力は、いつしか両目とも1.5まで回復。
それは10年以上経った今でもメガネをかける事無く維持している。
忘れられない病院だ。

近所のおじさんがいたので、少し話を聞いてみた。
もう先生は亡くなられ、奥さんも今は県南の病院に入院中。
息子さんは医者だけれど、田舎で開業する予定はないとのこと。
たぶん初代の院長であろう人の銅像もある、立派な家と病院。
私はここの窓からの景色が大好きだった。
きつい坂の石段を登る。側には桜の木が花びらを散らす。

廃病院の窓と椅子


あぁ。この椅子、譲ってもらえば良かったな。
中はガランとしていて、ほとんどの物は運び出された後だった。
もう使わない椅子や割れたガラス、壊れた木箱等が転がっているだけ。
こうして大人になって来て見ると、小さな病院だった。
この場所にカウンターがあって、ここに薬棚があって、先生がここに座ってて、あたしはここで名前を呼ばれるのを待っていた。。。
なんて、容易に思い出す事ができる。
本当に残念だ。

廃病院外観と玄関


写真左が外観。右は玄関の土間。ここに椅子があって、待合だった。
中へは靴を脱いでスリッパを履いて上がる。
懐かしいな。

数週間後、もう一度通った時には、すっかりキレイに何もなくなっていた。
建物の最後に出会えた事、良かったと思う。

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

儚くも美しいもの。




私は自称『虹を追う人』(笑) な~んて。
とにかく何故だか昔から虹が大好き。
たぶん20年くらい追い掛けてると思う。
もう、どんな天気の時、どんな陽射しの時、どんな方向に虹が出る。というのも分かってきて、
会社に勤めていた時も、車を運転していても、虹が出そうな気配がしたらカメラを片手に
虹の見える空を探していた。
これほど儚いものもあまり無く、ホントに数秒目を離しただけで消えてしまう事もある。
お日様の位置と光の強さと雲行きを確認して、ひたすら追いかける。
場所が良ければ半円の虹に出会える。
端の方だけ濃かったり、二重に出来ていたり。

それでもカメラってのは人の目には勝てないもので、もうずーっと写真に収めるのを
繰り返しているのに、上手く撮れない。
カメラの知識があればいいのかもしれないけれど、なかなか。。。
最近はデジカメを使うようになって、ずいぶんとまともに虹を捕まえる事ができるようになった。
うっすらでも捕まえる事ができたら、画像処理で見えるようにする事もできる。

目標は目で見たままのあの美しさと感動。
私はこれからも虹を追い掛けずにはいられないと思う。

今度は例の広角で一枚に納めてみたい。

テーマ:空の写真 - ジャンル:写真

実家のあがりはな。

あがりはな


私の実家の玄関の写真。
実家は昔ながらの家を増改築で補ってきた。
私が子供の頃は台所は土間だったし、お風呂は五右衛門風呂だった。
家の中に味噌蔵があり、そこは薄暗くて怖い場所だった。
それもどんどん改造され、元々の姿が残っているのは、この玄関と、和室2間くらいか?

昔の家は湿気から逃れる為か、床が高かった。
もちろん基礎なんかも石が並べてあるような簡素なもので、畳を剥がすと、下には土が見えた。
玄関も、この写真のように約50センチの段差がある。
今のバリアフリーとは程遠い仕様だ。
だけど、ここはいわば皆との社交の場。
ご近所さんが歩いて尋ねて来て下さったらば、ここに腰掛けて休む。
家の人はお茶とお菓子なんかを持って来て、一緒にここに座ってお喋り。
地下足袋を脱ぐのも大変だし、家の中までお邪魔するほどの用事でもないし、ってな時に大活躍。
この下は物入れになっていて、靴がいっぱい隠してある(笑)
片付け苦手なので、放り入れてるだけだけど。

祖父が亡くなって、祖母も足腰が弱くなり、我が家にもバリアフリーの波が押し寄せてきた。
父が私に相談をしてきたのだ。
「うちの段差をなるべく無くしたいんだけど、ちょっと図面を描いてくれんか。」
と。
この使い込まれた木を捨ててしまうのは惜しく、私は再利用の方向で設計プランを考えている。
基本的に間取りの変更はなく、段差をどう均一にしていくか?というのが問題なので。

祖母にはきつい段差なのかもしれないが、私には思い出深い段差だ。
玄関にベンチがあるって良くない?ベンチじゃないけど。。。
子供達もここダイスキなんだよ。


本当は、本心は、祖父の建てたこの家を、
祖父の思い出のある部分を壊したくないだけなのかもしれないけれど。

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

うふふ♪




自分のカメラ紹介なぞやってみる。
というか、ずーーーーーーーっと憧れていた広角レンズを今日手にしたのだ!
ふふふ。
嬉しくて笑みがこぼれてしまう。

カメラはもう10年以上前に買ったもの。
当時、一眼の世界最小最軽量と言われていたペンタックスのMZ-5。
これに一目惚れして数ヶ月悩んだ挙句に買ったもの。
左のレンズとセットで8~9万で売られていたもの。
持っていたしょぼいカメラを下取りに出し、ねばりにねばって7万ちょいで購入。
カメラ屋さんにレンズカバーとかケースとかおまけしてもらって、初めての分割払い。

それ以来の長いお付き合い。
オーバーホールにも出してやりたいのだけれど、なかなか予算的に叶わず。。。
基本的にフラッシュを使わない人なので、ちゃんとしたフラッシュも買わず。
三脚もレリーズも使わず、超自己流。

ネットが普及して、最近は色んな人の写真を見る事がずいぶんと増えた。
で、ずっと欲しいと思っていた魚眼レンズ。
これがまた高いのねん。
でも、好きだと思う写真のほとんどが広角レンズで撮られていると気付き、目標は魚眼から広角へ。
最初はデジタルの一眼を買おうか?とかも思ったんだけど、やっぱりフィルムカメラが捨てきれない。
デジタルはコンパクトがあるし。。。
このダイスキなMZ-5と離れるのもイヤだし。。。
で、このカメラに使える広角を探していた。。。ら、辿り着いたのがこのレンズ。
ペンタックスのFAJ18-35mm。
これしかない!と思い込んでしまった訳です。
この一眼用のレンズは、ペンタックスのデジタル一眼でも使う事ができるので、おいおいそうなったとしても活用できるように、との思いもあり。
しかもーですよ、これがヤフオクで格安で出てた訳ですね。
もー買いですよー。
ってか、本来なら家計を考えるとこういう趣味の類にはお金をかけられないのですが、この夏にやった少し大きなお仕事のお給料が入り、少しお小遣いをいただいた訳です。
悩んだ末にこのレンズ一本に狙いを定めたのです。
もうラッキーです。格安です。ありがたいです。
これ、普通に買ったらもう1台カメラが買えちゃいますから。
しかも、ズームレンズは結構出回ってますが(中古で)広角や魚眼はあまり出ないんですね。
出てもかなりの高額になります。
あーもー出品者様に感謝。
めでたく私はこのレンズを本日手にする事となった訳です。
クリスマスプレゼントですよ。早いですけど。
早く写真を撮りたいっ!!
って時に限ってフィルムを切らしてます。。。。
外は雨です。。。。
ファインダーを覗いて1人浮かれてる訳です。
可笑しなおばさんです。

そのうちこのレンズで撮った写真もここで紹介できたらと思ってます。
うちに古いスキャナも眠ってるし、まぁ焼くときにCDに焼いてもらってもいいですしね。

あ~~~~~嬉しい。楽しみ。

と、まぁ興味のない方にはつまらんお話しでしたね。
そんな今日の私なのでした。

ダイキライ ダイスキ




私のダイキライな生き物の中に蜘蛛がいる。
これはもうどうあがいたって無理。近付くだけで鳥肌で動けなくなる。
直視もできない。図鑑の写真なんて開けないし触れない。
だけど、モチーフとしては好きなんだな。
蜘蛛の巣も結構好きだ。
朝露に濡れた蜘蛛の巣は、キラキラと沢山のガラス玉をつなげたようで見とれてしまう。
ちょんと触っただけで壊れてしまう儚い世界。
カメラに収めるのも、なかなか難しい。

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

Blue

朝顔・蒼


前の年に玄関脇の鉢に植えた朝顔。
この大輪の青が欲しくてタネを探した。
一年が過ぎ、勝手に落ちたタネから、今年もまた勝手に花が咲いた。
植物は逞しい。
私にもその逞しさを。。。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

«  | HOME |  »

Welcome

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

Yu@Scrap

Author:Yu@Scrap
子供の頃から好きだった廃墟・廃屋・工場・鉄・コンクリート・ガラス・古いものを、消えてしまう前に写真に残したいと思いました。
廃墟(好きな)建築士ですw
建物を見るのが好き。特に古い建物・デザインのキレイなもの。
誰もが当たり前のように通り過ぎる路地にも、ステキな発見がある!はず。

*使用カメラ:SONY Cyber-shotU10(130万画素)しょぼっ(汗)
確か2003年末くらいに買ったはず。
いっそのこと、このカメラでどこまで楽しめるかに挑戦してみましょう。

*他に PENTAX MZ-5+smc PENTAX-FAJ 1:4-5.6 18-35mm(一眼レフ:フィルム)愛用してますが、スキャンが面倒なので、ここではほとんど登場しないと思います。
頑張って広角買ったんだけど、18mmの広角はデジタルだとたいして広角にならないんですよね~。
がっくし。。。

*2009年1月、ついにデジタル一眼を手に入れました。勢いで。。。PENTAX k-m+smc PENTAX-DAL 1:3.5-5.6 18-55mmです。軽いです。これの登場がこれからは増えるかな?
10mmの超広角レンズ狙ってます。高い。。。

*OLYMPUS-PEN EE-2をジャンクで購入。自力で修理してなんとなく使えるようになりました。ハーフでフィルムです。
たぶんあたしと同い年くらい。
かわいいやつ。
ここでも登場させたいですね。そのうち。

*学研 大人の科学の付録の二眼レフカメラ。フィルムなんですけどね、まさにトイカメラ!!っていうステキな写りです。楽しいです!かわいいです!!
フィルムじゃなきゃ出番も多いんですけれども。。。



リンクバナー作りました。良かったら使ってやって下さい。基本リンクフリーですが、一言いただけると幸いです。

無料写真素材やってます。どうぞよろしく♪

↓姉妹ブログ
灰吐赤眼名義でやってます。



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村

拍手する

月別アーカイブ

最近のトラックバック

廃バナーリンク

影の塔

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。